静岡交通事故治療接骨院ガイド

腰痛 筋膜性型

筋膜性の腰痛について

筋膜性の腰痛について

腰の周辺にある、腰方形筋・大腰筋・脊柱起立筋などの筋肉が集まった部分を痛めることで起こる腰痛で、筋肉や筋膜が必要以上に収縮し、硬くなってしまいます。

筋膜性の腰痛が起こる原因

筋膜性の腰痛の原因

腰の周りには大きな筋肉が多数存在していて、事故による衝撃でそれらの筋肉に一度に多く傷がつくと、腰周り全体の筋肉の緊張感が強くなります。そのため血液に循環が悪くなりさらに筋膜と筋肉が必要以上に収縮する事によって痛みが激しく出る事があります。

筋膜性の腰痛の治療

筋膜性の腰痛の治療

筋肉の炎症が出ているので、炎症を取り除くために、電気療法、固定、テーピングで患部をサポートしていきます。同時に筋肉の拘縮が起こらないように、早期から骨格矯正、手技療法による筋肉調整をおこなっていきます。筋肉が固まると筋肉に引っ張られて骨格が歪んでいきます。歪みが取り除けないとまた筋肉が固まり症状が安定しません。筋肉の症状でも関節を正しい位置に戻して正常な動きができるからこそ、症状が改善します。

事故による腰痛の治療なら80SkipGroupにお任せください!

交通事故治療が必要な理由

交通事故による腰痛、むち打ち、ケガ、後遺症など、ぜひ80SkipGroupにご相談ください!自賠責保険適用で治療費0円!静岡県内に17店舗展開中!お身体のケアはもちろん、交通事故の煩雑なお手続きも手厚くサポートいたします。

交通事故専門特化! 他院から転院・整形外科・併用OK! 静岡県県内17店舗展開! 自賠責保険で治療費用0円!